2016年楽天年間ランキング楽天市場ヒット番付2016

2016年の流行、トレンドを東西に分けて、番付形式で一挙に大公開!#インスタ映え消費、
スカーチョ、アマニ油…ネット消費から読み取れる今年の旬なキーワードとは?
また、これからくる「期待株」にも注目!

力士

ネットショッピングから見る
2016年のヒット商品と2017年のトレンド予測

SNS浸透で「#インスタ映え消費」や「ハイブリッド○○」などファッション・ライフスタイル系キーワードが多数ランクイン
人気タレントが火付け役の「大人ペアコーデ」「90年代リバイバル」、地方への注目を象徴する「"地産全照" 本格化」など楽天市場らしいキーワードも

2016年は、インスタグラムで写真映えする「#インスタ映えアイテム」や、感度の高い層に支持された「ハイブリッド○○」、メディアやタレントから人気に火が付いた「大人ペアコーデ」「90年代リバイバル」、さらに「カジュアルキャンプ」「進化系アニマルファッション」など、ファッションやライフスタイルに関わるキーワードが上位を占めた。SNSの浸透による「ステキな自分を周りに認めてもらいたい」という欲求の高まりが、その背景にあると言えるだろう。昨年ランクインした「コダワリ系油ブーム」や「ミラクルシード」を引き継ぐキーワードとして「スーパーフード 温故知新」が登場。健康系アイテムの人気はまだまだ健在である。また、日本全国の"ご当地商品"を数多く取り扱ってきた実績がある楽天市場らしい特徴として、「"地産全照" 本格化」というキーワードもランクイン。都市生活者の間に「地方ならではの価値」が定着しつつあるようだ。
2017年のヒット商品予測である「期待株」としては、2020年の世界的なスポーツイベントを機に注目が集まる「日本文化」関連商品のほか、「新しいシーズナルイベントの誕生」や「エシカル商品の広がり」などが期待される。

東

横綱

#インスタ映え消費

10代・20代の女性が、いま最も信頼しているコミュニケーションツールであるインスタグラム。自分のフィード(投稿)を眺めて満足するだけでなく、スマホの向こうにいる友人や仲間に自分の価値観を届けるには、「インスタ映え」する商品、場所、人、体験が不可欠。この夏は「インスタジェニック」なスイーツやアイスクリームなどが絶大な人気を集め、特にインスタから人気に火が付いたラウンドビーチマットは前年比60倍以上の爆売れを記録した。

力士

「インスタグラマー×楽天の共同研究」いいね!が集まる秘訣&NEXTトレンドをCHECK >>

大関

大人ペアコーデ

親子、恋人、友達同士でファッションアイテムをリンクさせるペアコーディネートが、大人からも高い支持を得ている。双子コーデでテーマパークを楽しむというブームが若者から大人にも派生し、時計やネックレスなど、取り入れやすいアイテムの売上が大きく伸びた。ユニセックスデザインでペアで楽しめる「ダニエル・ウェリントン」の腕時計は、前年比約4.4倍と爆発的人気に。

関脇

90年代リバイバル

「流行は20年周期で繰り返す」というファッション20年周期説に従うかのように、今年は90年代ファッションが再燃。モデルの「りゅうちぇる&ペコ」が火付け役となり、彼らが身に着ける90年代アイテムに人気が集まり、バンダナは昨年の2倍以上売れた。チョーカー、スカジャン、ビッグシルエットなど、(ある年齢以上の人にとっては)懐かしい、けれど若者にとっては新しいアイテムが空前の大ヒットを記録した。特にピンクのコンバースは2016年初頭から売れに売れて品切れ続出、一時は幻の商品となった。

小結

進化系アニマルファッション

2016年秋冬シーズンのNYコレクションで注目されたフェイクファーをはじめ、フェイクムートン、レオパードなどのアニマルパターンアイテムなど、ファッション領域で素材・柄としての「アニマル」に注目が集まった。特徴なのはシーズンレスで高い人気があること。真夏でもフェイクファーサンダルがブレイクしたのは、これまでにない特徴的な動き。ファッショニスタが通年アイテムとして取り入れることで、幅広い層から支持を受けた。ECらしい商品では、猫柄の浴衣がよく売れた。

前頭

スーパーフード 温故知新

古来、日本には慣習的・経験的に健康価値があると考えられてきた食品が、数多く存在するが、ミランダ・カーやアドリアナ・リマなど国内外の著名人・セレブリティが注目することによって、忘れかけられていた価値に改めて光が当たるというケースが目立っている。例えば、アマニ油やミドリムシなどは、海外モデルが積極的に摂っていることからブームになっており、最近では甘酒や蜂蜜ナッツなども、健康価値が見直され始めており、甘酒の売上は前年比約2倍の伸長。

期待株

"Road to 2020"日本カルチャー最注目

リオデジャネイロの安倍マリオを機に、2020年に向けて日本文化への注目が最高潮にある。すでに定着化したジャパニメーション人気に加え、パリコレで和柄アイテムが発表されたり、フランスで柚子胡椒を摂り入れたスイーツが流行するなど、日本の生活・文化への関心の高まりは留まるところを知らない。「出汁」が売れているのも、国内外を問わない和文化支持の表れのひとつだ。2017年は着物柄アイテムや和風調味料など、日本中に「JAPANカルチャー」旋風が巻き起こる!?

期待株

"春ヌーボー" など新たなシーズナルイベント

毎年、ワインファンを喜ばせる11月の「ボージョレ・ヌーボー」。ボージョレ地方でその年に仕込まれた新しい(仏語でヌーボー)ワインの解禁を祝うものだが、これは北半球の産地の場合。南半球の産地では、春がヌーボーの時期に当たることはあまり知られていない。今年、春に「チリ産ヌーボー」を売り出した楽天市場の店舗ではワインが完売しており、新しいシーズナルイベントとして期待されるところだ。テーマパークや菓子メーカーが積極的に仕掛ける「イースター(復活祭)」や、季節逆転の「夏おせち」なども、今後の成り行きが注目される。ハロウィンのように新たに日本に定着するイベントは生まれるのか?

西

力士

横綱

ハイブリッド○○

「クロナッツ」などのハイブリッドスイーツが大ヒットした昨年の流れを引き継ぐかたちで、2016年は他分野にもハイブリッドの流れが波及。ファッションではスカート×パンツの「スカンツ」やスカート×ガウチョパンツの「スカーチョ」がまさかの前年比230倍以上の売上を記録した。家電では「蚊取り機能付き空気清浄機」が注目された。スイーツでも、チョコレートとところてんのハイブリッドである「チョコろてん」なども人気に。既存のモノを掛け合わせて新しい価値を創造するという、日本古来の伝統が発揮されたアイテムは、今後も次々と登場するのでは?

大関

ちさんぜんしょう※

"地産全照" 本格化

(※地域で生産されたものを、全国で消費すること)

地方創生の機運の高まり、ふるさと納税の導入、地域おこし協力隊の認知拡大などにより、都市生活者がこれまで以上に地方に関心を向けるようになった。この変化は消費行動へも影響し、「全国から本当に良いもの・美味しいものを選ぶ」という新しい買い物のスタイルが定着してきている。前年比3.4倍以上を売り上げた「ななつぼし」、「ゆめぴりか」などの北海道米や、全国各地の地ビールが好調に推移。ふるさと納税も引き続き高い人気を誇っている。

関脇

カジュアルキャンピング

グランピング(豪華なキャンプ)が注目される一方で、より気軽に、よりカジュアルにキャンプを楽しもうと言う空気も確実に広がっており、キャンプの楽しみ方は二極化。気軽に楽しむファミリーキャンプがブームとなり、関連商品の売上が好調に推移。また、野外フェスの定番化などもあり、日常のライフスタイルにキャンプやアウトドアグッズを採り入れることも一般化。簡易テントは2015年に比べて、2倍以上も売れた。デイリーユースにもすんなりと馴染む洗練されたアイテムも続々登場し、リュックサックやブラケットライトが注目を集めた。

小結

ロックスター追悼消費

"今年、音楽史に偉大な足跡を残した伝説の2人が相次いで逝去。アーティストとしてのみならず、英国を代表するカルチャーアイコンとして長年君臨し続けたデヴィッド・ボウイは1月に、「ミュージシャンズ・ミュージシャン(音楽家が好む音楽家)」として、プロからも熱烈に支持されたプリンスは4月にこの世を去った。二人の偉業を振り返るかのように、生前の作品を収めたCDや書籍・ムック本などの関連商品の売上が急増。死してなお、その影響力の強さを見せつけてくれた。また、年内での解散が決定しているSMAPも、同様に商品売上が伸びて、昨対比2.5倍以上売り上げた。

前頭

デザイン防災グッズ

熊本地震や相次ぐ台風上陸など、自然災害の脅威を改めて見せつけられた今年は、防災関連グッズの売れ行きが伸びた。防災グッズ全体の売上は、2015年の1.5倍以上も伸びた。東日本大震災以降、防災の大切さが浸透する中で、防災グッズも多様化しデザインという視点が組み込まれたアイテムが充実。その他、ガラスフィルムや遮熱フィルム、ホイッスル、メガホンといった防災関連グッズも好調。昨年配布された防災ガイドらしくないデザインの「東京防災」などの影響もあり、防災意識を日常に溶け込ませるデザインの重要性が意識されてきている。

期待株

広がるエシカル消費

カカオ豆の状態からチョコレートになるまでの全ての工程を一貫して行う「ビーン・トゥ・バー」という考え方が注目された。海外では今、さらに一歩踏み込み、カカオ豆の産地にまでこだわり、その国や地域の経済発展に貢献しようという「フロム・ビーン・トゥ・バー」という考え方が芽吹いている。自分が良いと思うものを買うことで、生産者や原産地を支援し、共に価値を造るという「エシカル(倫理的)消費」のコンセプトは、これから様々な商品に広がっていく可能性がある。

期待株

ECロングセラー

ECで購入する定番商品と言えば、飲料水やコンタクトレンズといった日用品というイメージだが、実は特定のEC店舗や特定商品カテゴリーに固定ファンが付くことで、息が長く売れ続けているロングセラーが数多く存在している。例えば、ワイン、手芸関連、DIYグッズ、カーテンなど、楽天市場でずっと売れ続けているロングテールジャンルである。京都の和菓子店や目利きのコーヒーショップにも固定客が多いのも、距離的制約を受けないECならではの特徴だろう。ワインやDIYがここまで身近になったのも、ロングテール商品を売り続けられるECの存在が大きい。さて、2017年はECロングセラーからどんなアイテムが日常に根付くのか?

一気にわかる!全ジャンルNO.1

  • 全ジャンル
    一覧
  • ファッション
  • エンタメ・
    デジタル家電
  • グルメ
  • 住まい・
    暮らし
  • 美容・
    健康
  • 車・
    スポーツ

バッグ・小物・
ブランド雑貨

キッチン用品・
食器・調理器具

【楽天市場】2016年楽天年間ランキング|楽天市場ヒット番付2016

社会的責任[CSR]